So-net無料ブログ作成
検索選択
小説の裏:Fragments ブログトップ
前の10件 | -

「小指だけつないで」の公開 [小説の裏:Fragments]

2ヶ月ほど前に書いたものを加筆訂正して公開。
1時間程度で書き上げて、ある賞に駆け込みで応募したものの、〆切間に合ってなかったし、
間に合ってたとしても太刀打ちできるほどの内容でもなく、あえなく敗退、といういわく付きの話。
とりあえず参加したということで。
参加することに意義があるのです。(運動会か。)
課題は「あした」というもので、厳密ではないけどある程度の字数制限があった。
自分史上最速の速さで書いたものの、見直すこともできなかったので(最悪です)、
今更だけど読み返して手を加えた。

最初にタイトルが思い浮かび、それが気に入って思いついた話で、
いつものことながら、最初に考えたストーリーは普通にラブストーリーだったのが、
なぜか主人公が男性になってしまい、子どもが登場した。
9月にアメリカに行って、友人の結婚式を見て、サンフランシスコの坂道の風景が気に入った、ということが直接影響した結果、別の話のタイトルがこっちのストーリーのために使われた、というのが正しいか。

「扉の向こう側」も、驚愕の新事実(?)。
部屋の片付けをしていて、以前書いた創作ノート(思い浮かんだストーリーや単語を書き付けているノート)を見たら、1年以上前に「扉の向こう側」というタイトルの短編集を考えていたことがわかった。
いやあ、忘れてた。
元々この話を書く時に、その中の一つのストーリー案が頭にあったのは事実なんだけど。
タイトルもこれにしてたんだな……。
そっちはちょっとホラーというかSFっぽいものの予定だったので、中身は全く違うものになっている。

割と、タイトルありきだな、ということに気付いた今日の私でした。

でも、今年は結構頑張って量産してると思う。
それだけはなかなかいい感じです。ものすごい自己満足だけど。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作ノート [小説の裏:Fragments]

「約束の行方」は、当初の構想からちょっとずつ軌道修正中。
あんまり適当なことを書けないので下調べなんかしちゃったりして、怠け者の私には珍しい。
今まで私が作ってきたのと違うタイプなのでちゃんと組み立てて形にしたい。

少しだけキーワード。
「万葉集」と「古事記」を復習中。
大学の時もっと真面目に読んどくんだった。後悔先に立たず。しょうがないなあ。
再読しているうちに、なんか私の原点はやっぱここなのかもしれないと思いはじめた。
それは収穫。
学生の時は、自分の興味のある平安文学しかまともに取り組まなかった。
しかも「源氏物語」はどうでもよかったし、好き嫌いしすぎ。
偏食はいけない。わかってるんだけどね。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生みの苦しみ [小説の裏:Fragments]

書き始めた、と言いながら一週間保留しているのには訳がある。
……なんて言い訳しても仕方ないけど。
実は既に先週末の時点で下書きでは10まで書き進めていたが、
途中で違う見せ方もあるなと思いはじめた。
そうなると、2話から話を変えないといけない。
だからもうそこで行き詰ってしまった。
そういえば「扉の向こう側」も同じように、出だしだけ公開して、2話以降を元々書いていた内容から全く変更して書いたんだよなあ……。
もう少し頭の中で組み立ててみます。
2話が決定したら後はまたすらーっと出てくる。はず。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「約束の行方」開始 [小説の裏:Fragments]

「扉の向こう側」のアナザーストーリーの一つで考えていた案を書いてみることにした。
案、と言っても、私の発想メモに、ただ一行だけ、「守られなかった約束の行方」と書いてあるだけで、登場人物もストーリーも実はちゃんと決めていない。
行き当たりばったりなので、途中で投げ出してしまうかも。
……なんて最初から弱気な発言をしてみるのだった。情けない。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

扉の向こう側 あとがき [小説の裏:Fragments]

タイトルと登場人物を決め、第1話を書いた時、2話以降はまったく違うストーリー展開を考えていたのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。
最近仕事漬けの生活に嫌気が差していたので、小説の世界でまでそういう生活を書きたくなかったのか。書いてる本人の願望を色濃く投影させた(?)結果となったらしい。
今年旅行したことを書いておきたいなというのは確かにあった。認めます。その辺り(2005年9月17日―実際に自分が行った日)はほとんどノリで書いていて、まさか最後にこうなるとは思ってなかった。
一応脱稿ということで公開しておくものの、たぶん今時あんまりウケない、ごく普通の展開なので、当初考案の別のストーリーを書き直すことも考え中。(タイトルと登場人物が同じなので、場合によっては現バージョンは後日お蔵入りするかも?)
……と言いながらそのままエントリーしちゃうかな。どっちにしてもまだ骨になる部分を書いたにすぎず裸で野ざらしの状態なので、何度か読み返して手を加えていきます。
たぶん専門の方がご覧になったら「なんじゃこりゃ」という突っ込みどころ満載だと思うので、詳しい方が「ここはこうだよ」と優しく教えてくださったら嬉しい。(特に建築設計の業界関係者求む。)

ひとまず、思い浮かんでいたものを一つは形にできたので、スッキリ。
複数の案がもやもやして混線している時は、交通整理してひとつずつ吐き出さないと次が出てこないから。
次いこう。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BGM [小説の裏:Fragments]

本当は本編に盛り込みたいくらいだったけど、話の筋に関係なくてあきらめたこと。

話によってイメージする音楽があった。
過去を振り返るという意味で、その年その年に流行った音楽を思い浮べながら書いていた。
私にとって、タイムトラベルに最も効果的な要素は音楽だ。
曲調や歌詞とストーリーが必ずしもリンクしているわけではないけど。

1999年:モーニング娘。『LOVEマシーン
2000年:サザンオールスターズTSUNAMI』、福山雅治 『桜坂』、Misia 『Everything
2002年:平井堅 『大きな古時計』
2003年:SMAP 『世界に一つだけの花』

去年あたりからは「この年はこの曲」というのがない。
印象的な曲が思い浮かばない。
テレビを見ないで、ラジオを聴いたりしてるから?
それともまだ過去として消化しきっていないから?
その代わり、いろんな年代の曲をランダムに聴いている。
その影響で、2005年の部分はそれほど決まったものはなく、ラジオやCDで(書くことに関係なく)聴いている曲だった。
Madonna、ABBA、Destiny's Child、ATOMIC KITTEN、Dinna Ross、Britney Spears、などなど。
たまたま揚げてみたら、なぜか女性ばっかりだ。ちゃんと男性も混ざっているんだけど。
例えば? Billy JoelとかQUEENとか。
選曲はDJ次第なので、私の好みもあれば知らないものも。
その他、時にはピアノ曲とか。ドビュッシー『月の光』、リスト『ラ・カンパネッラ』など。

そんな中。
2005年の大晦日(2006/01/01)だけは、断然コレ、というBGMが決まっていた。
Donna Summerの『Last Dance』。
映画なんかでそのシーンに流れたら、曲としてはちょっとイメージが違うかもしれないけど、歌詞の内容と気持ちの盛り上がり的には、この曲だった。

そんな音楽を思い浮べながら、書いてました。

あと2話あります。(しつこい)

ホット・スタッフ~ベスト・オブ・ドナ・サマー

ホット・スタッフ~ベスト・オブ・ドナ・サマー

  • アーティスト: ドナ・サマー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2001/03/14
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうでもいい反省 [小説の裏:Fragments]

ストーリーは10月のうちにできていた。というか、もうその時点でそのまま出すつもりだった。
でも、読むたびに違う展開が浮かんで、いくつかのパターンを書き直した。
(8) 2005/10/16 は当初予定になかった。
そこを飛ばして大晦日に行くつもりが、突如増えた。
もしかしたら蛇足かもしれないので、いまだに迷っている。
これから何度か読み返して、やっぱりおかしかったら削除しようと思う。
本当は10話できれいに終わらせようと思っていたのだが、そういう挿入もあって、12話になった。
大晦日は一月一日と分けちゃったし。
展開もあまりにも平凡になりすぎた。
書いてて「あー、いつものパターンだー」と自分で突っ込んでた。
飽きたのでしばらくこういうのは書かない。たぶん。

こんなこと書いてるとこれで終わりかと誤解が生じそうなので追記。
あと2話あります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

扉の向こう側の裏の裏 [小説の裏:Fragments]

最初に決めていたものと違う道を歩き出した。
実は(1)を書いた後、いくつかのパターンのストーリーを書いていた。
捨てネタがたくさん下書きにたまってる状態。(いつか公開するかも?……いや、しないな)
どれも本筋に入るまで長くなりそうだったので、却下した結果、こんな展開になってしまった。
当初の行き先とまるきり違うものになってるけど、これはこれでまあまあ。
また後で差し替えるかもしれないし。

今は更新中なので日付は便宜上更新日になっている。
書き上げたら本当の日付に変更予定。
上から読んでも下から読んでもOKというものを目指してみた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

執筆開始宣言 [小説の裏:Fragments]

やってみようと思うことがざっくり決まったので、これから書きはじめようと思います。
ちゃんと最後まで行き着いたらラッキー、っていうくらいの、いい加減さ。
……というより、ほとんど何もプロット決まってません。
無計画バンザイ
途中でやめて別の物語書いたりしそうだけど。
それはそれで、まあよいでしょ。

主人公は斉藤 鈴(すず)という女性です。
年齢は私と一緒ですが、私自身ではありません。念のため。
出てくる人たちも、実在の人ではありません。これも、念のため。
もちろん全て作り話です。最後に駄目押しで念のため。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日付が変わったので気持ちを切り替えた [小説の裏:Fragments]

実は一つ前の記事「書くこと」を書いた時、私はちょっとへこんでいた。
なぜなら半年前に出した小説が新人賞の選に漏れたことがわかった後だったから。
(別に特別自信作だったわけじゃない。
そんな簡単にうまくいくわけがなくても一応期待してみたりする)
当たり前とはいえ、やっぱね、一日くらいはへこまないと、次につながりません。
ま、次いこ、次。

「書くこと」を書いたあとで、
「書きたいことを書いているのが素人で、身を削って書くのが書く職業の人なんだろうな」
とふと気付いたりもした。
気付いたからって何か変わるわけでもないし、そんなことはどうでもいいんだけども。

もやもやといくつかいろんなアイディアが頭の中でからまりあっている。
ちゃんとほどいて一つずつ丁寧に作っていこ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 小説の裏:Fragments ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。