So-net無料ブログ作成
検索選択

扉の向こう側 過去(6) 2000年2月3日 [小説:扉の向こう側]

 ノストラダムスの予言もあてにならない。
 恐怖の大王だとかアンゴルモアって、一体なんだったんだろう。
 気が付いたら一九九九年は終わっていた。
 世界はまだ続いている。何事もなく。
 私の生活も何も変わらない。毎日会社に行って、週末には時々彼と会う。こうしてずっと山も谷もない同じ日々が続いていくんだろうと思う。
 セルに関数を埋めて、数種類の方法で別のシートにある金額の集計をする。
 そんなエクセルとの格闘に疲れて顔を上げた。時計を見ると、もう十時を過ぎている。
 どうせ今頑張ったって明日も残業だ。今日はもうやめよう。パソコンをシャットダウンして、立ち上がった。
 その時、向かいの席の村上さんも腰を上げたところだった。
 村上さんがにっこりして、一緒に帰ろ、と声をかけるのに頷く。
 村上さんは四年先輩で、仕事は確実で速い。入社して仕事を覚えるまでに時間のかかった私は何度かさりげなく助けてもらったこともある。私にとってデキる女の代名詞だ。
 木曜日。休日まであと一日ある。くたびれて重い足取りで、駅までの道を肩を並べて歩く。
 暖房でのぼせた頬を冷たい風が冷やしていく。
「鈴ちゃん、最近遅いね。大丈夫?」
「なんとか。村上さんこそ結構残業してますよね?」
「まあね。今は仕方ないから」
 村上さんはうつむいて、頬にかかる長い黒髪を耳にかけた。
「私、今月で会社辞めるの」
「えっ。そうなんですか」
「まだ課長しか知らないんだ。黙っててね」
 頷く私に、村上さんは穏やかに微笑んで、言った。
「もう三十だし、結婚の予定もないし、長く続けられる仕事を見つけたくて」
「そうですか……。淋しくなります」
 毎日会えなくなるのは淋しい。だけど、気持ちはわかる。
 長く続けられる仕事、という言葉にどきんとした。
 三十過ぎて独身だからって冷遇されるような会社ではないし、頑張って管理職になっている女性も、結婚して子どもがいても働き続けている女性もいる。でも、五年後、十年後もここで同じ仕事をしている自分を想像すると、つまらない。
 工場で作る製品の数と時期の調整、発注、予算と実績金額の管理。既に決められた予定という枠の中にきちんと当てはまっているかどうかを管理する仕事。楽しいかどうかを基準にすると、私にとっては楽しいと言える仕事ではない。
 ただ生活費を稼ぐため、と割り切ってしまえばいいのかもしれないけれど。
 今付き合っている彼との結婚は、実は現実的に考えられないでいる。頭の中で彼と一緒に暮らすことを想像するのすら、難しい。
 恋をはじめたばかりの頃には、結婚するかも、と思うこともあった。でも最近、例えば指に染み付いた煙草のヤニの臭いだったり、料理のメニューでもデートの行き先でも何かを選ぶ時に「どっちでもいい」と答えることだったり、小さなことが気になっている。気にしなければ済むことでも、これがあまりいい傾向じゃないということは、過去の恋の結果から知っている。
「じゃあ、来月からは転職活動ですね」
「ううん。ちょっと一休みするんだ。アラスカオーロラを見に行くの」
「へえぇ。いいなあー」
「いいでしょ」
 村上さんの晴れ晴れと吹っ切れた笑顔を、うらやましい、と思った。
 変わらない生活を続けることよりも新しい生活を模索することは難しいし、それを選ぶのは勇気がいることだ。
 来月、私は二十五になる。ずっと先だと思っていた三十歳が、また一つ近くなる。
 このままで、いいのかな。
 村上さんの決断が、静かな水面に小石を投げ込んだように、私の心の中で波紋となって広がっていくのを感じた。
「鈴ちゃんはJRだったよね。私、地下鉄だから、こっちなの。お疲れ様」
「お疲れ様でした」
 駅の前で村上さんと別れ、私は重いガラスの扉を全身で押して改札に向かった。


photo: :::AnytimeWoman:::[PhotoMaterial]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。