So-net無料ブログ作成
検索選択

扉の向こう側 過去(4) 2002年6月12日 [小説:扉の向こう側]

 電話が鳴り出した時、粘土で作っているミニチュアの椅子に背もたれとして爪楊枝を刺しているところだった。
 一時中断。
 私は1/50の椅子を乗せたカッティングボードを少し脇にずらして、左手に受話器、右手にボールペンを取った。
「中西設計事務所でございます」
「橋本設計の守屋ですが、中西さんはいらっしゃいますか?」
「お世話になっております。中西はただ今外出しております。午後には戻りますが」
「ああ、そう……。実は頼まれていた図面をメールで送ったんだけど、なんか受信ボックスがいっぱいみたいで返ってきちゃうんですよ」
「あ。申し訳ありません。でしたら、私宛に送っていただけますか。私から中西にファイルを渡すようにします」
「そうしていただけると助かります。アドレス教えてください」
「はい。よろしいですか?」
「はい。どうぞ」
「エス、ユー、ゼット、ユー。アットマーク」
「アットマークの後は中西さんと一緒?」
「はい、そうです」
「オッケー。鈴木さん?」
「いえ」
 私は思わず吹き出した。
「スズは名前です。斉藤です」
「あ、それは失礼しました」
 守屋さんもそれにはウケたらしく、笑いを含んだ声で謝った。
「それでは、斉藤スズさん。今送るからこのままちょっと待ってもらえる?」
「はい」
 すぐに新着メッセージを知らせる小さなウィンドウが画面に現れた。
 早速受信ボックスの新着メッセージを開けると、CADのDXFファイルが添付されただけのメールだった。差出人のメールアドレスは、mori@hashi.……となっている。
 橋本設計事務所のメールアドレスは、苗字の省略形になっているらしい。確かにこの法則だと、鈴木さん、も納得。
「今、いただきました」
「じゃあそれを中西さんに渡してください」
「はい。ありがとうございます」
「中西さんに、急いでるなら受信ボックスくらい空けとくように言っておいて」
「はい。確かに伝えます。申し訳ありませんでした」
 笑いながら私は頷いて、失礼します、と言ってゆっくりと受話器を置いた。
 そこへ高松さんがやってきてしゃがみこみ、机の上にあった椅子のミニチュアを間近でつくづくと眺めはじめた。触ってはいけない、と気を使ってくれているらしい。
「こっちは乾いてます。触っても大丈夫ですよ。あと色付けが必要なんですけど」
 昨日先に作った椅子一脚と丸テーブルが入っている箱の蓋を開けて差し出すと、高松さんは太めの指で恐る恐る椅子をつまみ上げて、ちょっとだけ見て、おっかなびっくりまた戻した。
「意外と器用なんだな」
「意外と、ってなんか失礼じゃないですか」
 高松さんの言葉に私は口をとがらせて抗議する。
 そもそも高松さんが設計した住宅模型に「ダイニングが殺風景だから何かほしい」って言うから作っているというのに。それにミニチュア作りは大学の時からずっと趣味でやってるんだから。
 背後から湿気を含んだ風を感じて振り返ると、外出していた中西さんがドアを開けたところだった。
「ただいまー」
 中西さんは最近、サッカーのワールドカップの影響で、日本の監督のフィリップ・トルシエに似ていると言われているけど、こうして見ると確かに似ている、と今更ながらに思った。
「お帰りなさい」
「じめじめしててイヤになるな」
 濡れた傘を傘立てに突っ込んで、奥の席に向かっていくところで声をかける。
「先ほど橋本設計事務所の守屋様からお電話がありました」
「あ、そう。なんて?」
「中西さんのメールボックスがいっぱいで設計図が送れない、という話で、私にメールをしていただきました。共有フォルダに入れておきますね」
「わかった。ありがとう。……ところで、何、これ」
 中西さんは私が持っている箱の中と机の上のミニチュアを指差す。
「あ、高松さんの模型に使うダイニングセットです」
「へー。意外と器用だな」
「ぶっ」
 高松さんと谷さんが吹き出した。
 中西さんまで……。ヒドイ。
「私、そんな不器用そうに見えるんですか?」
「普段の仕事ぶりを見てると、そんな細かいことをするように見えないからな」
「ええっ」
 中西さんは心にも無いおせじを言わない分、思うことをハッキリ言う人だ。
 みんなは笑うけど、こっちは笑い事じゃない。自分の事務能力に危機感を抱いてしまう。
 確かに、請求書の文字の入力間違いを谷さんに指摘されたり、してるけどさ……。
「なかなかいいな。おれも今発注している模型ができてきたら、何か作ってもらうかな」
 さっきの一言でもやもやした気分ではあったけれど、ミニチュアはある程度認めてもらえたようだ。
 何なりと受けて立とう。……でも、まずは本職を頑張らなきゃ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。