So-net無料ブログ作成
検索選択

扉の向こう側 現在(1) 2006年1月4日 [小説:扉の向こう側]

 ドアを開けたら、そこは違う世界だった。
 ……ということが起こらないかな、といつも考えていた。
 生まれてから何千回、何億回とドアを開けてきたんだろう。
 アパート、お風呂、トイレエレベーター電車オフィス、会議室、銀行コンビニ……あらゆるドアの向こうはいつも思ったとおりの状態で、思ったとおりの事しか起こらない。
 家のドアを開けたら火の海だった、とか、強盗がいた、とか、サプライズどころか命に関わるようなことに遭遇しないだけ幸せと思うべきだろうけど。
 ドラえもんの便利グッズで一番欲しい物は、子どもの時から『どこでもドア』だった。
 ドアを開けたら行きたい所に行ける。簡単に行けないところにも、家のトイレに入るみたいにひょいっと気軽に辿り着ける。それが私にはたまらなく魅力的に見えた。
 以前の私は、世の中の全てのことに退屈してしまっていた。ドアを開ける時にはいつも、予想を裏切る何か、人生を変えてしまうような何か、が起こることを期待していた。
 毎日同じ時間に起きて、同じ電車の同じ車両に乗って、会社でその日の仕事を片付けて、ゴハンを食べて、テレビを見て、寝る。週末が来て、ぼんやりしている間に、また月曜日がやってくる。――そのサイクルが完成されていて、メビウスの輪のようにつながっている。
 そこからなんとか抜け出してみたいと思う、ただそれだけ。
 そう、ただ変化を期待するだけで、そこにある事実に気付いていなかった。自分から変化を起こそうともしていなかった。
 でも今は、ただの期待ではなく、確信している。
 扉の向こうではいつだって新しい出来事、未来につながる何かが待っているってことを。
 そこにあるきっかけに気付いて、心に思うだけじゃなく行動しなくては何もはじまらないということを。
 ここに、5冊の日記がある。学生の頃から気まぐれに書き綴ってきた過去の記録だ。
 毎日欠かさず書いたものではないから、日記、という言葉はまったく相応しくない。10年間で3冊という事実がいかに私が怠け者かを示している。
 そうは言っても、この中に、今日にたどり着くまでの道筋が残されているのには違いない。
 これから次の新しい扉を開く前に、今につながっている過去の扉を探してみようと思う。


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

nice! 3

コメント 5

mi-mi

いよいよ執筆開始ですか(#^.^#)
楽しみにしています。
”どこでもドア”に限定せず…ドラえもんそのものが欲しい!!!と本気で思う時があります(^^ゞ もちろん”ピンチ”の時(笑)
私はこの”BGA”の終了までに何度”ドラえもん”を求めることやら(*^_^*)
by mi-mi (2005-10-17 00:21) 

office-cafe-yuta

なかなか幻想的ですね。
ホラーな世界にも繫がりますね。
リングみたいに。
ホラーゲームで、扉を開けると異次元がそこにはあった・・・
とか結構ありますからね。
そういう発想好きですね。
by office-cafe-yuta (2005-10-17 19:45) 

小島澪

早速のコメントありがとうございます。

>mi-miさん
ホントに「猫の手」ですね。
うちの押入れにはドラちゃんが入るスペースがないので自分で家を調達してもらうか、スモールライトでちっちゃくなって生活してもらうしかないのですけど。
バンダイがネコ型ロボット製造に成功することを祈っています。もちろんあのポケット付きで。
職場でよくみんなでほしがっているのはコピーロボットです。
自分の頭で考え付くことを代行してくれないか、と。怠け者です。(笑)

>YUTAさん
ホラーやSFみたいな展開も迷っていたのですが、今回は違うものになってしまいました。
そもそも元の発想は現実と異界の境界がどこにあるかを考えたものなので、ホラーやSFに通じるところはあるんです。
今回は現在と過去と未来の境界が「扉」ということになりますが、そんなことを考えたところで登場人物が勝手に話を進めていくのでどこに落ち着くんだか自分でも確信がない状態です……(^^;)
by 小島澪 (2005-10-23 21:07) 

もしもし

ごめんなさい。わたしはあなたを知らずただ娘の名前を検索してみたらでてきました。ほんとにごめんなさい。このかたは実在するひとなのでしょうか。
それともペンネームですか。失礼な聞き方で申し訳ございません。
by もしもし (2006-04-17 21:02) 

小島澪

>もしもしさん
小島澪はペンネームです。
斉藤鈴は小説の登場人物の名前です。
どっちも実在しない、というか、私が作った名前です。
お嬢さんの名前と同じなんですね。
by 小島澪 (2006-04-18 01:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。