So-net無料ブログ作成
検索選択

諜報員の資格 [出来事:今]

UKのCIAことMI6で諜報員公募中です。
MI6の諜報員と言えば、有名なのは007ことジェームズ・ボンド。
彼はフィクションの世界の人なので、実際の諜報員に殺人許可はないはず……?
http://www.mi6.gov.uk/output/Page18.html

応募資格は、英国民であること。
少なくとも両親のどちらかが英国民であること。
最近10年で最低5年はUKに住んでいたことがあること。
そしてもちろん採用にあたっては人物調査に合格する必要がある。
(この人物調査があるため、21歳未満は応募できない、らしい)

案外、応募資格として求められるものは少ない。
○○ができる、とか、何かの免許が必要、とは書いていない。
残念ながら、私は日本国民で、両親共に日本国籍なので資格はないけれど。
もし資格があったら(英国国籍があってUKに住んでいたら)、応募してみるかもしれない。
だけど、一体何をやるんだ?

……と素朴な疑問からWebサイトを更に調査してみた。

なんと、通販ホテルの「利用者の声」みたいに、実際に採用されて働いている人の簡単な経歴や生の声(なのか?)が紹介されていた。

Andrewは28歳。大学を卒業して6年間民間のコンサルタント会社で働いた後、この公募に応募した。
「ぼくは退屈していた。民間企業じゃ体験できないことにチャレンジしてみたかった。
この仕事を選んだのは間違いじゃなかったと思ってるよ。
ぼくは既に海外で極めて厳しい任務を経験したんだ。
プレッシャーや難しい状況の中で成果を報告するのはマジでスリルを感じるよ」
(和訳は適当。多少間違ってるだろうけど、雰囲気はこんな感じ?)

かなりうさんくさい。いいのか、これで。
でもなんか、UKっぽくて好きだ。
イギリスの人って、島国だからなのか、気候のせいなのか、ちょっと日本人に近い感覚がある。
本気なんだかふざけてるんだかわからない、というか、
本人は大真面目なんだけどはたから見るとちょっとコミカル、みたいな。
これがアメリカ人だと、どこか「みんなを楽しませよう」とわざとボケてる感じに見える。
フランス人だときっついブラックジョーク。
私の勝手なイメージの中ではそういう感じね。

ガンバレ、アンドリュー。力の限り。……何してるんだか知らないけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。